依存性は覚醒剤並み?! みんな大好きなあの食材とは?

 

こんばんは 管理栄養士の佐々木です

 

先日、新しい食器をゲットしました

新しいものってワクワクしますよね

その食器に盛り付けた写真はのちほどインスタグラムでシェアしますね

 

わたしのインスタグラムはこちら

 

 

 

今日の内容はこんなあなたに読んでもらいたいです

 

・食後のデザートは必ず食べないと

落ち着かない、イライラする

 

・コーヒーの砂糖が一個じゃ足りず

何個も入れてしまう

 

・まわりのみんなが甘いと言っているのに

自分だけ甘さを感じない

 

 

 

<砂糖は覚醒剤並みの依存性>

 

このブログで必要以上の砂糖を摂るのはやめようとお伝えしていますが

それがなぜなのかを再び載せます

 

 

 

<砂糖を摂ることによって身体に起こること>

 

甘いドリンクやデザート、清涼飲料水や隠れ砂糖の煮物などさまざまなものに入っている砂糖

 

この砂糖の影響で身体に起こることは

たくさんあるんです

 

 

例えば

 

・腸内環境を破壊して痩せにくくなる

・イライラや気分の浮き沈みの原因

・キレやすくなる

・皮膚や内臓の炎症

・糖尿病

・認知症

 

などなど

 

これらは砂糖を摂ることによる

血糖値の急上昇が原因です

 

 

 

砂糖を摂り続けていると

 

どうしても甘いものが食べたいと

砂糖のとりこになったり

 

砂糖の甘さに慣れてしまって

もっと甘いものを食べたい

 

と、どんどん砂糖に依存してしまいます

こうなってくると砂糖をやめるのが大変になってきます

 

 

でも、大丈夫です

 

 

今日、これに気づけたなら

いまからちょっとずつでも砂糖を減らす生活をしてみればいいのです

 

 

また、食事のタンパク質量を増やすと

甘いものへの欲求が減ります

 

毎食、手のひら1枚分のお肉やお魚で

タンパク質を補給しましょう

 

わたしはここに更にプロテインも飲んでます

 

おかげで甘いものが食べたいなと思うことも減りましたし

なによりお肌の調子が良くなるので

毎日鏡ですっぴんを見るのが楽しくなってきます

 

 

ぜひ、今から砂糖の量を減らしてみてください

 

ちょっとずつでも大丈夫

その一歩が大きな一歩です

 

 

わたしの砂糖の量は適量なのかな?

と不安に思ったあなたは

ぜひわたしと初回カウンセリングでお話ししましょう

 

 

オンラインダイエットコーチング

 

初回カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちらから